タグ:GR1 ( 20 ) タグの人気記事

ガラタ橋での疑問

イスタンブール3日目は、新市街へ。 
この日はラマダン明けの祝日で、新市街のお店もほとんどお休み・・・
フィッシュマーケットがあるという路地もほとんどクローズ。 
うぅ・・と思いながら歩いていると、かわいらしい八百屋さんが。
f0017238_215556.jpg


「ハロー!」 人懐っこく挨拶してくれる。 野菜がきれいだったので、カメラを向けると手招きする・・
「??」 
店の奥で、オープンの準備をしていたおじさんの後ろに近寄ると、おしりをペンペン(笑)
そのおじさんも、おしりフリフリ・・・
f0017238_2181833.jpg

このハイテンションはラマダン明けだからか?? いやぁ~面白かった。

 街が一望できるといおうガラタ塔へ。
f0017238_2211781.jpg

トプカプーアヤソフィアーブルーモスクの並ぶ有名な風景。きれい・・
でも、私は反対側の下町の風景に心惹かれた
f0017238_2231931.jpg


新市街から旧市街へ。ガラタ橋を渡る
f0017238_2244144.jpg

ガラタ橋のブルーと国旗をみていたら、・・・なんとなく感じる違和感・・ ??
トルコというとトルコ石のイメージでターコイズ色なのに、国旗はなんだか中国っぽい・・

※せっかくなので調べてみた(笑)
「救国の伝説からとられた三日月と星は、民族の進歩と国家の独立を象徴し、赤色はオスマン朝の色とされている。」とのこと。 オスマンから来ているのね・・・
※ついでにいろんな国の国旗の由来についていろいろ調べてみた(笑)
赤地に☆とか月という国旗が結構ある。 チュニジアとトルコなんてかなりそっくり。
パキスタンは緑地に星と月。地域、宗教、歴史であるルールが見えてくる。面白いなぁ・・

・・・
ってすっかり脱線してしまったので、ここらでちょっと一杯
f0017238_2332039.jpg


イスタンブール3日目の待ち歩き まだまだ続く・・

==
撮影地 トルコ イスタンブール 新市街

7回ぐらいで終わるかと思っていたトルコシリーズ・・以外に盛りだくさんで気がつけば9回目になってしまっていた・・ でもまだ後3回ぐらいはかかりそう・・・・
by daydreamerMS | 2007-11-29 02:37 | 旅行記

飛んでイスタンブール

カッパドキアからイスタンブールへは飛行機で1時間半ほど。 これだけの時間で風景はまったく変わる・・ 

外観はヨーロッパのお城のような  トプカプ宮殿
f0017238_11592677.jpg


でも、中に入ると やっぱりイスラムの世界
f0017238_1203338.jpg

f0017238_1205393.jpg


トプカプ宮殿~アヤソフィア~ブルーモスク~地価宮殿はイスタンブールの観光の中心地
初日は定番のルートをまわってみる。

アヤソフィア。 モスクに作り変えられてしまう前のキリスト教の壁画などが興味深い
f0017238_123612.jpg


そして、この宇宙・・・
f0017238_1254588.jpg


f0017238_1251842.jpg


ブルーモスクの愛称で有名な スルタンアフメッドジャーミー
f0017238_1262674.jpg


お祈りの時間は観光客は入れないため出されてしまう。。 ぎりぎり5分前ぐらいに入ったので、あまりゆっくりできなかった・・でもイスタンブールに5泊するし、また来よう っておもえるのが滞在型旅行のうれしいところ。

さて最後に地下宮殿へ。。 ここはまたまた別の宇宙が広がっていた
f0017238_12102030.jpg


目がなれてくると、ライトアップされた全体像が見てきた。
f0017238_1211228.jpg


いつの時代のものか明確では無いらしい。でも、イスタンブールの人々はこの地下宮殿の存在に気がつかずこの上に普通に家や道路をたてていたとのこと。 普通の地下水路とおもって地上から穴を掘って釣りなどをしていたらしい。 う~ん、古い文化が何層にも重なってきた歴史を感じる。。

==
撮影地:トルコ イスタンブール スルタンアフメット 
by daydreamerMS | 2007-11-11 12:15 | 旅行記

奇岩ツアーはアドベンチャー

カッパドキアといえば、やっぱり奇岩がつくる不思議な景観が有名

ホテルのコンシェルジュに「50$ぐらいのランチ付ツアーに参加したい」といったら、ちゃんと旅行会社にアレンジしてくれた。 10人ほどの現地ツアーで、参加者はオーストラリア、ニュージーランド、カナダ、フランスとインターナショナルなメンバー。 

最初に訪れたのは ゼルヴェ屋外博物館 。。 博物館といっても、自然公園みたいなもの。
80年ぐらい前まで、実際に人が暮らしていた住居が渓谷の岩肌に無数にある。
f0017238_2141846.jpg


ここで、ツアーメンバーのおじ様やおば様が手になにやらライトのようなものを持って来ていて、何に使うのかしら・・て思っていたら。。 なんと、人一人がやっと通れるぐらいの細い通路をよじ登るというツアーだったのだ。。。 なにも持たない私達は、おじ様たちの列の間に挟んでもらって、まっくらな中ぎゃーぎゃー言いながら手探り。。 先頭を行くおじ様はまるでインディージョーンズのようだった
f0017238_2171295.jpg


ようやく通路を抜けると反対側の渓谷につながっていた
f0017238_2183698.jpg


いやぁ~ しょっぱなからかなりアドベンチャーで息切れ切れ・・でも、目の前の渓谷の風景にそんな疲れもどこへやら。 気もちいぃ~
f0017238_2201367.jpg


続いて 有名なきのこ岩へ・・ つづく!
by daydreamerMS | 2007-10-26 02:23 | 旅行記

新宿で瞳に出会う

f0017238_21594539.jpg


何を見つめている?
f0017238_2202437.jpg


霞んだ先に見えるはずの富士山?
f0017238_2213955.jpg


それとも、偉そうにそびえる都庁?
f0017238_2221174.jpg


==
撮影地:新宿
by daydreamerMS | 2007-09-06 22:03 | 写真WORKS

Lovely MoMo

すっかり冷房の効いた部屋で今年の夏を過ごしてしまいました。。。
f0017238_017369.jpg


すっかり、暑さに弱くなってしまい、なんだか夏ばてだわ・・
f0017238_0182659.jpg


せっかくお盆でみんな帰ってきても、温泉とか出かけていつもお留守番だし・・
f0017238_019290.jpg


フゥ~・・・ ため息出ちゃう
f0017238_0193893.jpg


でも!みんなが帰ってきたときは、精一杯気取って「おかえり」するの。
どう、私。きれいかしら?
f0017238_0204927.jpg


こんな声が聞こえてきそうな、表情豊かなモモ ラブリィ~♪

==
撮影地:実家
by daydreamerMS | 2007-09-03 00:23 | 家族

そこにあったもの2

春に”それ”を見つけてから、いつかモノクロで撮ってみようと思っていた
f0017238_0355880.jpg


古くにごった窓にも、空が映る。
f0017238_035549.jpg


春よりもさらに草や木に生茂られ、まるで木々たちに食われてしまいそう・・
f0017238_0381760.jpg


そう、そこにあったのに、ずっと気がつかなかった 古いバス。
f0017238_039849.jpg



夏空もモノクロで撮ってみた。 夏の雲が表情をつけてくれた。
f0017238_0415531.jpg


==
撮影地:埼玉の田舎

う~ん・・やっぱり、モノクロは撮るときにその出来上がりがイメージできないので難しいなぁ・・ 
by daydreamerMS | 2007-08-27 00:46 | 写真WORKS

牛に・・空に願いを 旅の終りは美雲

ウトロから羅臼に抜けて、阿寒湖に向かう。

また北海道らしい牧場の風景に戻ったなぁと思っていると。。おや?あれは・・・
f0017238_13084.jpg


うっ 牛!!?? さすが北海道・・・
そして、反対を向けば当然彼らがいた
f0017238_14950.jpg


モォ~(笑) 雲が一気に晴れてきた。 厚みのある真っ白な雲と澄んだ真っ青な空
f0017238_161387.jpg


旅の最後は、釧路湿原をお歩く。 気持ちのよい雲に誘われて、6キロのハイキング
f0017238_17442.jpg


聞こえてくるのは風の音 鳥の声 思いっきり深呼吸する
f0017238_183525.jpg


あまり、ここまで歩く人はいないらしく、草が踏まれないせいか、道があいまい・・
ふかふかの緑の道を空に向かって歩く。
f0017238_1113387.jpg


釧路湿原を下から歩いて、展望台まで歩く。 山の中は木漏れ日がいっぱい。
かわいい木漏れ日たちに癒されながら、山を登る。。
f0017238_117060.jpg


眼下に広がる広大な湿原。。これまで歩いた6キロの道のりは、ほんとに一部でしかないんだ。。 
f0017238_1151183.jpg


==
撮影地:釧路

夏らしい雲に見送られて、旅が終了。 おいしいものたくさん食べて、きれいな風景に出会って、毎日温泉に入って、身も心も癒されました。 
by daydreamerMS | 2007-08-08 01:24 | 旅行記

霧の知床

今回の旅のメインは知床半島の先端まで行く3時間のクルージング。

ホテルを出ると、となりにあるキャンプ場に彼らが!
f0017238_2312617.jpg
 

かわいかったぁ!! 

朝から、すっかり癒されて、いざクルージングへ
残念ながら天気は曇り・・・ 知床連山はみえるのか・・・

あらら・・・滝でさえ上までみえない;; 霧というか雲が低くたちこめていた・・
f0017238_23192453.jpg


なんとか晴れて!! と祈ってたら、ふわっと雲が流れた
f0017238_23232049.jpg


あ、青空が・・・ もしかして・・
f0017238_23223092.jpg


おぉぉ・・ みえたぁ・・ 雪の残る知床連山・・・ 
f0017238_2324245.jpg


一瞬だったけど、霧の向こうに見えた知床連山。 
熊もすっごく小さかったけど、なんとなく見えた(笑) 3時間のクルージングはあっという間。

海から戻って、今度は知床5湖まで行ってみる。 静かな静かな湖。。
天気が良かったら、青空が湖面に映ってきれいなんだろうなぁ・・
f0017238_23302470.jpg


爽やかな風がふいて、湖面に表情を描き出す。
f0017238_23323235.jpg


残念ながら天気がいまいちだったけど、霧に煙る神秘的な知床も良かったかも。

3時間のクルージングは乗っているだけなのに、微妙な振動に体が疲れるのか、宿に戻ってみんなぐっすりお昼ねタイム。 そして知床最後の夜は、豪華な豪華な夕食!(例のごとく、写真撮る前に食べてしまったので、写真は無し;;) カニ三種類、ウニ、刺身・・・おいしかった!

==
撮影地 知床
by daydreamerMS | 2007-08-05 23:40 | 旅行記

そして、大地を跳ねる

北海道二日目は、美瑛~知床まで一気に移動。

広がる風景。。 これが、美瑛かぁ・・
f0017238_20142298.jpg


おもわず、走り出したくなります。 (妹です*^^*)
f0017238_20162614.jpg


おもわず、跳ねたくなります。 (妹夫婦です。妹が振り回しているわけではありません:笑)
f0017238_20163877.jpg


ジャガイモの花が広がる風景は、ほんとにパッチワークのよう・・
f0017238_20173866.jpg


知床はまだ遠い・・(小清水原生花園にて、知床連山を望む)
f0017238_202208.jpg


知床の宿は「夕陽のあたる家」 名前からして期待が高まる・・そして
f0017238_20232975.jpg


ウトロ港に帳がおりて、一番星が輝き始める。 しずかな夜。
f0017238_20254165.jpg


==
撮影地:美瑛、小清水原生花園、ウトロ

さて、いよいよ今回の旅のメイン 知床クルージングです。 でも、お天気が・・・ 
by daydreamerMS | 2007-07-29 20:31 | 旅行記

旅の始まりは美空

ひばり・・ではありません^^; 今年の夏の小旅行は 北海道の”美”しい”空”から始まりました。 

今回は、旭川から入り、美瑛~知床~阿寒湖~釧路という道東の旅です。
2004年の秋に、道東の旅をしていますが、今回は初夏の北海道をみることと、前回まわれなかった知床をゆっくり観てくることが目的でした。

1泊目の宿は美瑛。 畑の真ん中にポツンとある小さなペンション。 夕食がちょうど夕日の時間だったのでちょっとそわそわ・・食べ終わったらすぐに外に出てみた。マジックアワーぎりぎり間に合った
f0017238_141878.jpg


7時半を過ぎていたと思うけど、振り返るとまだはっきりと雪を残した山並みが見えた。(写真はぶれてしまいましたが;;)
f0017238_16596.jpg


明日は絶対朝焼けが見れる!と思い、早々に就寝。 そして、朝4時過ぎに、まだ寝静まったペンションのリビングにこっそり行ってみると・・太陽の出る前の静かな空が、ピアノに映り込んでました。 
f0017238_195541.jpg


間に合った! 急いで、外に出た。
f0017238_11128100.jpg

わぉぉ・・・

太陽が完全に顔を出してしまうまでのほんのわずかな時間 刻々と変化する空を堪能。 あっというまに、早朝から朝の空に変わり、畑の匂いがぷ~んとしてくる。
f0017238_1164824.jpg


さて、これから4日間かけて、道東を一気にまわる旅がスタート
f0017238_1194735.jpg


二日目は美瑛~知床までの大移動。 ”美空”に恵まれて、旅のテンションもアゲアゲです。

==
撮影地: 美瑛

今回、久しぶりにGR1をメインカメラとして持って行きました。 フィルムはポジではなくネガ(Fuji REALA 100)を利用。 やっぱり、GR1っていいカメラだなぁ (*^^*)
by daydreamerMS | 2007-07-23 01:35 | 旅行記