タグ:TUNISIA ( 8 ) タグの人気記事

旅のもう一つの楽しみ

どんなホテルを選ぶかは、旅の重要なポイント。
今回ホテルもいろいろこだわって選んだ甲斐があって、どのホテルもとても居心地が良くて大満足でした

■Sidi Bou Fares 
チュニジアンブルーの街シディ・ブ・サイドの宿。なんと1泊一人あたり3000円弱。。
バックパッカーに人気の安宿とのことでしたが、とーっても綺麗で快適なホテルでした。

ホテルの中庭。ここでの朝食はとても気持ちが良かったです。
f0017238_129112.jpg


■Tamerza Palace
山岳オアシスのタメルザにあるホテル。まわりの風景になじむ外観と、とても親切な
ホテルの従業員。。 (高倉健が何かの撮影で1ヶ月ぐらいここに滞在したらしい)
f0017238_1292772.jpg


プールもあるのです。。夜は涼しくて泳げなかったけど、カエルが泳いでいました(笑)
f0017238_1294137.jpg


お部屋もすごいかわいいのです。
f0017238_132387.jpg


朝食のテーブル。こんなお花が飾ってあるさりげない心遣いがうれしい
f0017238_130949.jpg


■Pansea
テントです。でも、シャワー冷房完備の高級ホテルなんです。 夜各テントからもれる
光がとても幻想的で素敵でした。。ここは、ホテルの敷地からも星が良く見えました。
f0017238_1303291.jpg

さりげないライティングもとても綺麗
f0017238_1304323.jpg


今回の旅行では、このタメルザとパンシアに泊まることも楽しみのひとつでした。
どちらもチュニジアでは高級ホテルの部類ですが、それでも一人1万円はしないの!

■Vincci el Kantara
旅の後半、ジェルバ島というリゾートエリアにステイしました。ここは、フランス人と
ドイツ人ばっかり、ホテル内の表記も英語があまりないほどでした。。
f0017238_1405862.jpg

チュニジアはフランス領だったので、タラソテラピーもかなりポピュラー。
旅の最後は、タラソテラピーで疲れた体を十分癒すことができました。
by daydreamerMS | 2006-11-09 01:47 | 旅行記

雑貨天国

チュニジア雑貨。。 お皿も、ランプシェードもほしかったけど・・・
もって帰ってくるのが大変であきらめました。。

f0017238_141121.jpg


f0017238_1403657.jpg


f0017238_1405072.jpg


f0017238_1411359.jpg


売り物なのかわからないものもあります・・・

f0017238_1514922.jpg


f0017238_146478.jpg


お店番の少年? かわいかったぁ
f0017238_1524372.jpg


チュニス写真。ホテル編。フード編と続く予定・・です
by daydreamerMS | 2006-11-04 02:02 | 旅行記

地球はまわる

当たり前なんだけど、地球はまわっているんですよね。
太陽が昇り、輝いて、沈むと月と星が現れて、夜空も周り、また日が昇る。。
チュニジアでは、毎日飽きることなくその自然が作り出す光のショーを楽しみました。

なんて色・・・ パープルピンクの夕暮れ
f0017238_0484322.jpg


朝は神々しい空
f0017238_051341.jpg


砂漠の白い砂に反射して太陽の輝きは2倍
f0017238_0541829.jpg

f0017238_0543229.jpg


刻一刻と変化する空の色・ただそこにいることが幸せ
f0017238_055710.jpg

f0017238_0561742.jpg

f0017238_0563042.jpg

まさに トワイライト・・
f0017238_0564242.jpg


そして、この後がすごかった・・・ 隣の人の顔さえ見えないぐらいの暗闇を見上げると
地平線すれすれに輝く北斗七星、東から西にかけてくっきり輝くミルキーウェイ
流れ星が無数に流れ、360度見渡す限りの地平線から広がる満天の星空。
自分の視線より下から見える星空というのは初めてだった。。

夜明け前、9月だというのに東の地平線にオリオンが顔を出していた。


そして、また太陽が昇る
f0017238_1141176.jpg


また太陽が傾き、砂漠を赤く照らしながら日がしずみ・・
f0017238_1193189.jpg

荒れた大地に、希望のように太陽が昇る
f0017238_1205679.jpg


旅の最後、チュニスの街に沈む夕日に出会えた。 ぎりぎり5分前だった。
f0017238_1255245.jpg


これほど毎日毎日朝日と夕日を楽しんだ旅は初めてだった。

これで、またがんばれる。 またここに戻ってくるためにも、がんばろう。

==
白枠の写真がOlympusμ、白枠のない写真がGR1で撮影。
by daydreamerMS | 2006-10-22 01:38 | 旅行記

砂漠で生きる

チュニジアでは、いろんな動物たちにも出会いました。

やっぱり一番おせわになったのはラックダァです。
f0017238_0244033.jpg

ラクダの背中は高くて気持ちい。果てしなくつづく砂漠、たよりはラクダ使いさんのみです。。
f0017238_0251099.jpg

ラクダも一休み。
f0017238_0252537.jpg

こんな白いラクダもいます。でも、気性はあらくてちょっとこわかった。。
f0017238_0254861.jpg

明け方、眠っていたラクダも日の出とともにおきてきます。
f0017238_025582.jpg


初めて見た、とーってもかわいい動物。
f0017238_0303457.jpg

これ、星の王子様ででてくる砂漠のキツネのモデルになっているキツネだそうです。
f0017238_0304391.jpg


チュニジアでは、なぜか野良猫がたくさんいて、しかもとても人懐っこいのです。
だれもいじめたりしないからかしら。
f0017238_0313625.jpg

f0017238_0325078.jpg


ラクダはほんとうに砂漠での生活に欠かせないパートナー的存在で、ほんとうに身近
な存在のようでした。 乗り心地は馬よりも快適で、2時間ぐらいの乗駱駝はほんと
に楽しかったです。 夜やっぱり歌わずにはいられませんでした。
♪月の砂漠を~はぁるぅばるとぉ~ 旅のラクダがぁ~ 行きました~ ♪
by daydreamerMS | 2006-10-18 00:37 | 旅行記

ペイシェントの回想

ここは、傷ついた英国人患者の回想の中。。

厳しい自然が作り出す美  ・・ 

■切り立った深い深い渓谷 ミデスのバルコニーオアシス
f0017238_23514653.jpg


日干し煉瓦の壁に、お土産用のスカーフが映える
f0017238_23523715.jpg


■塩湖にある奇岩”ラクダ岩” 遠くからでもこの形がわかる象徴的な岩
f0017238_23525635.jpg


■印象的な赤い砂漠 クサール・ギレン
f0017238_23533112.jpg

f0017238_23534326.jpg


■日干し煉瓦でつくられた幾何学模様が美しい トズールのメディナ
f0017238_23542642.jpg


ラマダンの気だるい午後・・元気に走っているのは子供たち
f0017238_2355422.jpg


・・
映画「イングリッシュペイシェント」の中で、チュニジアのロケ地は、すべて回想シーンの中で使われているそうです。 特に印象的な砂漠のシーンで使われているクサールギレンは、赤い砂が印象的な美しい砂漠でした。 
(旅の工程とは順不同ですが、「イングリッシュペイシェント」をテーマにまとめてみました。

※最初の3枚がGR1. 他 Olympusμ.
by daydreamerMS | 2006-10-16 00:09 | 旅行記

タトゥーインはチュニジアだった!?

まるで見たことのない風景だった。。ここは地球なのだろうか。。
f0017238_0252589.jpg

f0017238_0254218.jpg


白くキラキラと光る幻想的な大地をひたすら走っていくと、なんとタトゥーイン星についてしまいました。
f0017238_0291795.jpg
f0017238_0292729.jpg


そうです。ここはスターウォーズエピソード1ででてきたモス・エスパ。
そのまま放置されたそのセットたちは、何百年後かになぞの遺跡として発見されても不思議ではないほど、昔からそこにあったかのように静かに朽ち果てていた。。

そしてまた、白い世界へ。
f0017238_0333566.jpg

f0017238_033564.jpg


白い大地の正体は、塩湖。 わずかに残る水は、とても不思議な色をしていた。
f0017238_037566.jpg


■チュニジアはスターウォーズのロケ地としても有名らしいです。最後の塩湖も、ルークが二つの太陽を眺めて物思いにふける幻想的なシーンで使われたそうです。。(写真に写っているのは友人ですが;;)
スターウォーズ以外では、「イングリッシュペイシェント」のあの幻想的な砂漠の風景も、チュニジアで撮影されたそうです。
by daydreamerMS | 2006-10-13 00:48 | 旅行記

チュニジアンブルーの街 Sudi bou Said

チュニスについて、最初に宿泊したのがこの街。 シディ・ブ・サイド。
チュニジアンブルーと白壁と地中海の青が映える綺麗なチュニジアの中で最も美しいといわれる街。

特に印象的だったのが、各家の扉の美しさ!
f0017238_138173.jpg

f0017238_1391894.jpg


窓枠までもがチュニジアンブルー。 窓枠までもがかわいいのです。
f0017238_1401825.jpg

f0017238_140318.jpg


昼さがり、地中海のみえる気持ちの良いカフェで人々はくつろぎます
f0017238_143123.jpg


夕暮れのシルエット
f0017238_144340.jpg


夕暮れの日差しがあまりにも綺麗なので、やっぱり遊んでしまいました。
f0017238_1455958.jpg

チュニジアの昔ながらのカフェは、なんと日本のお座敷のように靴をぬいで
ござの上にくつろげるのです。ここで2時間ぐらいボケボケしていました。
by daydreamerMS | 2006-10-07 01:49 | 旅行記

La Nature Magnifique au Sahara

とうとうアフリカ大陸に足を踏み入れました!まぶしい地中海、古の遺跡、広大なるサハラ、サハラの地平線を彩る朝日と夕日、そしてなんといってもみたことのない地平線から見える満天の星空・・・ これまでいろいろな国を訪れてきましたが、イスラム圏、そしてアフリカの砂漠は初めてだったので、見る風景・人々なにもかもが魅力的でした。

それはどこかというと・・・チュニジア・・・ 皆さん場所わかりますか?
これから何回かに分けて、チュニジア旅行記をお届けしますー。

今日のところは、帰ってきたばかり(飛行機トラブルで、朝帰ってくるはずが、今日の夜日本着でした・・・)なので、まずは一番印象的だったサハラの写真をお届けします~

サハラに昇る朝日
f0017238_1233353.jpg


夕焼けで赤く染まる砂漠
f0017238_1234659.jpg


青空がまぶしい昼の砂漠
f0017238_124782.jpg


うれしくてはしゃいでしまいました!
f0017238_1264560.jpg

by daydreamerMS | 2006-10-03 01:30 | 旅行記