タグ:街 ( 13 ) タグの人気記事

雨か 涙か 

街の光が 滲んでみえるのは
f0017238_0151563.jpg


涙のせいじゃなくて
f0017238_017288.jpg


きっと 冷たい雨と 白い息のせい
f0017238_0182290.jpg


なんどか 目をこすってみたら 急に街の雑踏が聞こえてきた
f0017238_019338.jpg


そう、ここは新宿だったんだ
f0017238_0204378.jpg


足早にすぎる 傘で顔の見えない人波と青い光に 溺れそうになった

急にやってきた 冬に まだ身も心も追いつかない

でも この季節の変化を 肌で感じて ピリッとする感じが 好き
==
撮影地:東京 新宿

皆様 良い休日を!
by daydreamerMS | 2009-11-21 00:37 | 写真WORKS

地図を読む・・ (⇒ GoogleMap StreetViewに感動!)

東京タワーの向こうに沈む夕日が見たくて、地図を前に方角を確かめる。
地図好きの私は、普段から本を読むように地図を読む。

東京タワーの真西にあるのが、勝鬨。 ここなら、東京タワーと夕日が見える!と思ってさっそく夕方でかけてみる。 傾く日差しに勝鬨橋が燻し銀の光を放って輝いてた。
f0017238_052114.jpg


おお!東京タワーが良く見える! と感動。 が、しばらくすると、太陽は東京タワーを通り越して、さらに右側のビル群の向こうに・・・ あれれ?西のはずなのに・・・
f0017238_042296.jpg


は!! そうか、今の時期太陽は真西沈むわけじゃないのよね。
この当たり前の自然現象にいまさら気づく。。今は、真西よりも北寄りに太陽が沈む季節。それを考慮して、左上から東京タワーを通過して線を引いてみる。
そうか・・今の季節はきっとお台場からなら東京タワーの方向に夕日が見えるんだ。
ということは、冬は愛宕あたりから見ると東京タワーのあたりに日が沈むのか・・・

こうやって、地図をみながらいろいろ想像するのがすき。
日が沈む、日が昇る位置を意識して地図を見るのは面白い。。 あらたな発見だった。

こんなことを考えているうちに、すっかり日が沈んでいました。。
f0017238_11927.jpg


勝鬨橋は緑に光る。 私は昼間の渋い色のほうが好きだなぁ;;
f0017238_124337.jpg


==
撮影地:勝鬨

地図をみていて、東京タワーと夕日が見える場所の候補をもう一つ見つけた。
楽しみだなぁ~

■追伸■
こんな地図の記事を書いた次の日に、GoogleMapsのStreetViewの記事を知った。
内容はこちらの記事を参照ください。
これすごい!! これがあったら、東京でも夕日が見える場所いろいろ確認できるのになぁ(笑)
地図と写真と旅行が好きで(かつ、一応IT業界で働いている)私にはぴったりの機能です!!是非、体感してみてください!!
by daydreamerMS | 2007-06-06 01:08 | 写真WORKS

黄昏

土曜日、いつものように遅起きして、一考する・・・ さて、今日はどこで夕日を見ようか。。
困ったときのHills頼み(笑) 着る服と髪型とお化粧に少し気を使いつつ、ROPPONGIに向かう。

寄り添う二人。動きません(笑)
f0017238_152356.jpg


私も急いで自分の場所を確保。 天使の梯子に間に合った!
f0017238_1533127.jpg


雲の切れ間に、おそらくこの日最後の太陽の姿を拝む。
f0017238_153417.jpg


沈んだ後の余韻を楽しむ人々。 舞台の上のストップモーションのようにそれぞれのフレームにバランスよくシルエットを提供してくれていた。
f0017238_1535530.jpg


==
撮影地:六本木ヒルズ
by daydreamerMS | 2007-06-01 02:02 | 写真WORKS

Tokyo Reflection

窓に反射する風景を見つけるのも街歩きの楽しみ。 音が聞こえてこないその風景を前にすると、ガラスの向こうの世界を覗いているような妙にドキドキした気分になる.

六本木: 安藤建築の美術館に映る東京ミッドタウン
f0017238_22155195.jpg


青山: ヴィトンのショーウインドウに映る表参道ヒルズ
f0017238_22181772.jpg


勝鬨: 築地市場の対岸のビルに映る東京タワー
f0017238_22285869.jpg


丸の内: 和田倉公園のカフェに映る夕暮れの皇居
f0017238_2219056.jpg


そして、こんなところにもReflectionが・・
f0017238_22322531.jpg


隅田川沿いの遊歩道にある施工記念のプレート。。こんなの覗き込んでマクロで写真をとっている私の姿はさぞ怪しかったことでしょう(笑) でも、こういうのを見つけるのが楽しいのよね~

==
撮影地: TOKYO
by daydreamerMS | 2007-05-27 22:35 | 写真WORKS

totems

予定通りに行かないことが、思いもかけない出会いを作ってくれることがある。
今日は、まさにそんな”出会い”でした。。

予定していた時間に、予定していたことが終わらず、でもあきらめきれずその場所まで
行ってみた。。予定していたことには間に合わなかったのだけど、ふと見るとみたことの
ある写真が・・・ 
f0017238_1442147.jpg

グレゴリー・コルベールのanimal totems

どこで見たことがあったのか覚えてなかったけど、導かれるように六本木ヒルズの52階へ向かっていた。。 
グレゴリー・コルベールのアートプロジェクト。
是非こちらを体験してみてください。
言葉にならないぐらいの”ドキドキ”だった。。 
3月のお台場でのノマディック美術館ぜったいくぞぉ!!

大満足で、展示スペースを出ると、そろそろ夕暮れ時。。 
f0017238_1553911.jpg


格子越しに眺める空の色が、とても綺麗だった。。
f0017238_1555387.jpg


夜の帳が下りてきて・・街の明かりが色づき始めました
f0017238_1561958.jpg


夕日に向かっていく首都高  こういうときは、交通渋滞で色づく光のラインに感謝。
f0017238_142068.jpg


あ、東京タワー。 街が色づく前の一瞬、まるでモノクロの中にそこだけカラーになったような景色になった。
f0017238_157103.jpg


すっかり日も暮れて、夜の東京の景色に。 (はるかにみえる1点の光は、羽田に下りていく飛行機の明かりです)
f0017238_1574777.jpg


撮影地:六本木ヒルズ 52F
by daydreamerMS | 2007-01-27 02:07 | 写真WORKS

pleasant wall

f0017238_1295273.jpg

新宿南口の工事の壁に、こんな覗き穴がたくさん。 こういう遊び心って大好き。

f0017238_1301619.jpg

触れるといろんな色に輝く塀。 やっぱり触りたくなるね。

工事中の塀も、時には街の景観を楽しくしてくれるのね。

撮影地:新宿
by daydreamerMS | 2007-01-24 01:37 | 写真WORKS

プラハの夜景を見るために・・・

1999年7月 ポーランドのクラコフ~チェコのプラハを旅しました。

ある男性が「プラハの夜景に男泣きした」と聞いて、どれほどの夜景か見に行くために。。

私にとってのプラハはもう一つ大きな意味合いがありました。モーツアルト、ベートーベン、スメタナ、ドボルザーク・・・などクラッシックの巨匠達が愛して活躍した街。。。モルダウ川を前にぜったい「ボヘミアの川よ~モルダウよぉ~」って歌うんだぁっていう気合を胸に、プラハに向かいました。

旅の途中のポーランドでは英語が通じなかったり、寝台車が思いもよらず満席で急遽昼間の電車を乗り継いで7時間かけてプラハに移動したり、プラハについたら何かの休日とぶつかっていてホテルが満室でなかなか見つからなかったり。。といろいろありましたが、なんとか無事プラハに落ち着くことができました。

プラハは街中の教会で毎晩音楽会が開かれていて、クラッシック好きに毎日が天国のようなところでした。。なんといっても、教会で聞いたモーツアルトのレクイエムはすばらしく、天井から降りてくる声の響きに、ただただ涙涙でした。。そして、音楽会が終わる頃ようやく日が暮れて、プラハの町が輝きだすのです。。。
f0017238_1363890.jpg

夜10時ぐらいにようやく空は紺色に黄昏て、カレル橋に明かりがともります。。
f0017238_1373669.jpg


橋の向こうに見えていたプラハ城からのプラハの街を眺める。。赤い屋根と緑。
そして、モルダウ川の悠々とした流れ。。やっぱり歌わずにはいられません(笑)
f0017238_1375011.jpg


こういう石造りの街は、モノクロも絵になりますね。。
カレル橋に集う人々をキリスト像が見守ってます。。
f0017238_138824.jpg


中世の街並みが残る旧市街 ・・ たくさんの観光客のながれを立ち止まって眺めていると、自分の周りだけがゆっくりとしたストップモーションに感じる瞬間があります。。
f0017238_1382151.jpg


プラハはほんとに古きよきヨーロッパの雰囲気を残していて、街も大きすぎず、クラッシック音楽が好きな方には特にお勧めです。あと、あまり知られていませんが、アールヌーボーの巨匠ミュシャの出身地でもあり、街じゅうにミュシャの残した作品を見ることができます。 特に ミュシャのステンドガラスが印象的でした。

そしてポーランドについては・・
by daydreamerMS | 2006-07-10 01:56 | 旅行記

ベトナム・ホーチミンでクルージング!?

※ひさしぶりに、旅行写真をUPします~
2000年4月末 ベトナム ホーチミンを訪れました。 
ベトナムというと、私は「ミス・サイゴン」とベトナム戦争のイメージが強かったのですが、この頃ちょうどベトナム雑貨とかが流行り始めた頃だったので、アジアン雑貨好きの私も流行にのって行ってみよう!と4泊6日の小旅行に出かけることにしました。
飛行機とホテルしか手配せずに現地入り。物価もわからず、とりあえず1万円を換金。次の日に、ガイドブックに載っていた現地の旅行会社に行って、メコン川クルーズを予約した。なんと、一日のツアーでランチ込みで、7ドル!! なんて安い!!あまりに安いので若干不安だったけど、すごく面白い快適なツアーで、ほんとお得でした! メコン川につくと、まずは大きな船に乗って、おおきなメコン川をゆっくり渡って行きます。で、だんだん奥にはいっていくにつれて、3回ぐらい船を乗り換えていくのです。。だんだん小さな船になっていくのが、どんどん奥地に入っていく感じを盛り上げます。。
■おおきなメコン川沿いには、漁業で暮らす人々のボートハウスがたっています。
f0017238_222947.jpg

■最後にのった小さな船は、かわいい船頭さんでした。。
f0017238_22292261.jpg

==
ホーチミンの街は、はげしくバイクが往来していて、横断歩道も無いので、道を横切るのは命がけです(笑) でも、4日いる間に、コツを覚えました。そのコツは、東京でも役に立ったりしています^^
■ホーチミンの人々も起用にバイクの間を抜けていきます。
f0017238_22294632.jpg

市場の近くでは、いろんな職業の人が青空ショップ。
■床屋さん
f0017238_22295930.jpg

■洋服の仕立て屋さん 
f0017238_22303111.jpg

そして、夜になると、あたたかい街頭の下、人々が涼みに表に出てきます。
子供達はみんな裸足で、なんとなく懐かしい風景にもみえました。
f0017238_22305456.jpg


※Nikon F60  レンズは35-70の標準ズーム。 初めて買った一眼です。
by daydreamerMS | 2006-06-25 22:40 | 旅行記

LONDON旅行外伝(改訂) 

イギリスにはじめて行ったのは1997年。もう、10年近く前なんですねぇ。。

このとき、イギリスに行った主な目的は別にあったのですが、それはまた
別の機会に書くとして、最近ちょいと話題になってたビートルズつながり
ということで、昔の写真を引っ張り出してみました。。

■ABBEY ROAD
f0017238_1595126.jpg

あの、ジャケットの横断歩道です。日付入りのスナップでゴメンナサイ。 
ジャケットが撮影された当時と変わって、中央線がぎざぎざになってたりして
ちょっとがっかりしたけど、あーここを4人が並んでいたんだぁと感慨深かった記念の1枚です。 (ほんとはジャケットとおなじアングルでも撮りたかったのだけど意外に交通量が多くて、道路の真中に立っていられませんでした;;)

このときの旅行には2台カメラを持っていって、一つは白黒、一つはカラーでとってました。カラーの方は、GR1です!
会社に入って最初のボーナスで手に入れたばかりだったのでうれしくてうれしくて。。 

そんな、記念すべきGR1海外デビューの作品。
f0017238_2313190.jpg
 

RONDON LONDON
by daydreamerMS | 2006-05-20 02:27 | 旅行記

旅の途中 ++ CDG in paris ++ - olympus μ -

旅の途中のパリの空港にて暇つぶし。。

■日本人には椅子が高くて、私は足をぶらぶらしてたけど・・
f0017238_0312174.jpg


■パリで3時間のトランジット待ち。陽も傾き、はやくポルトガルに行きたいなぁ・・・
f0017238_0332583.jpg


■パリだけに、建物もアート?
f0017238_0335888.jpg

by daydreamerMS | 2006-05-08 00:39 | 旅行記