タグ:山陰山陽 ( 11 ) タグの人気記事

旅の最後は・・

厳島神社で結婚式に遭遇
f0017238_1435457.jpg


あいにくのお天気だったけど、人生の晴舞台
f0017238_1432350.jpg


厳かな祈り
f0017238_1452577.jpg


鳥居を抜けてすぅ~っと気持ちの気が流れてきた
f0017238_1465636.jpg


幸せをおすそ分けしてもらったような気分で厳島神社をでようとすると・・
神の使いがそっと近づいてきた・・
f0017238_148452.jpg


おっと・・これは リアル「あおによし鹿女」かぁ!! と期待するも・・
そんなわけもなく 与えるもののない私の横をすっと抜けていった(笑)

最後にこれははずせません。 穴子飯 おいしかったぁ~
f0017238_15108.jpg


==

ながらくかかってしまった山陰山陽旅行記 これにて THE END。
おつきあいありがとうございした~
by daydreamerMS | 2008-11-12 01:53 | 旅行記

シマナミ超えてミヤジマへ

尾道から宮島へは一日かけてゆっくり移動
f0017238_2347201.jpg


宮島はほんとに島なんだ・・・(笑:江ノ島とかって橋があるじゃない・・)
フェリーでわずか10分ほどの短い距離だけど、海の鳥居がだんだんと正面にみえてくるワクワク感はけっこう大事な演出かも。
f0017238_23491760.jpg


着いたのは15時過ぎ ちょうど引き潮で鳥居のところまで歩いていける
f0017238_23505166.jpg


水に浮かぶイメージがあったので、なんだかちょっと物足りない・・
と思っていたら、だんだんと潮が満ちてきた・・・
f0017238_23521733.jpg


いそいで夕飯をたべて、もう一度9時ごろに来てみると・・・
満ちた海の上に幻想的な世界が・・
f0017238_23532994.jpg


潮はまた早朝にかけてひいていき、朝の10時ぐらいにまた満ちてくる
これが毎日繰り返されているんだ・・って思うと、ふだん自分が触れている自然の現象って
ほんとにわずかなんだなぁって思った

旅の最終日は雨
f0017238_23564253.jpg


雨の雫がつくる波紋が また風情をつくってくれる
f0017238_23574548.jpg


==
ながながと旅の記録が続いていますが・・後1回で終りです。
もう少し我慢してお付き合いください^^;
by daydreamerMS | 2008-11-10 00:10 | 旅行記

オノミチ サカミチ

彼岸花が咲く坂道
f0017238_223136.jpg


味わいのある坂道を描く人たち
f0017238_2253958.jpg


その静かな風景を みつめる眼差し
f0017238_2255285.jpg


でも、本当に風景を飾っていたのは人々だった
f0017238_2242973.jpg


そこに人がいて その風景が完成する
f0017238_2244637.jpg


坂道だけじゃなく 小さな埠頭までもが 
f0017238_229046.jpg


そこにいる人々によって 映画のワンシーンになる
f0017238_2294625.jpg


人だけじゃなく 猫も 
まるでずーっとそこで撮影されるのをまっていたかのよう
f0017238_2313720.jpg


じっと私をみつめてくれた強い視線 
f0017238_2323686.jpg


だから私もその風景の一部になれたような気がしたよ

==
映画のロケ地として有名な尾道 実はあんまり大林監督の映画を知らないけど
ここの風景は きっと日本人なら誰もが感じる 懐かしさがあるんだろうなぁ・・

尾道の夜景がよく見える旅館に泊まり、
夜はお部屋で贅沢においしいお料理と日本酒でいい気分・・
f0017238_2383538.jpg


明日は旅の最終地点 安芸の宮島へ・・
by daydreamerMS | 2008-11-06 02:43 | 旅行記

砂丘の名前

砂柱 小さく尖った 厳しさ 
f0017238_22115975.jpg


風紋 波のような リズムを感じる
f0017238_22135333.jpg


空に溶けていきそうな境界線
f0017238_22184473.jpg


命の証
f0017238_2219136.jpg


旅の足跡・・手跡?
f0017238_2220591.jpg


==
堪能した 鳥取砂丘を後に 山陰から山陽へ向かいます。
by daydreamerMS | 2008-11-03 22:21 | 旅行記

砂丘の夕暮れ

空に大きな雲の旗がゆれていた
f0017238_103691.jpg


圧倒的な迫力で 刻々とその表情を変えていく
f0017238_121375.jpg


一瞬空が暗くなった後 突然目の前に光があふれた
f0017238_141617.jpg


その光は西の空の彼方へ わずか5分の光 この一瞬に出会えたことに感謝
f0017238_163199.jpg


==
気がつけば、真っ暗な砂丘に一人・・・ 遠くにホテルの光が見えた
ちょっと心細くなりながらも 自分の方向感覚には自信があった。
鼻歌を歌いながらホテルに戻ると・・・
入り口のところでホテルの人が出てきて待っていた。

?? 

「あ~ よかったぁ・・ 暗くなっても戻っていらっしゃらないので心配で・・
 携帯にもお電話したのですけど・・」

?? なぜに、こんなに心配される??

ホテルの宿泊客は私一人だった。 
シーズンオフの山陰鳥取 年頃の女性が一人旅。。
鳥取砂丘に出かけて4時間も帰ってこない。。
これは・・・ ってことかしら(笑)

周りに心配かけないように行動しないとね。。とちょっと反省。

と思いながらも一人旅の気ままさも捨てがたい。。と
砂丘の向こうの海のいさり火を眺めながら考える三十路女なのでした。
by daydreamerMS | 2008-11-01 01:17 | 旅行記

パパと・・

「大きな大きな砂場だね・・」
f0017238_001055.jpg


「そうだね~ 大きすぎるね(笑) あの丘を越えるけどだいじょうぶかい?」
f0017238_012589.jpg


「うん!ガンバル! あの丘の向こうは何があるの?」
f0017238_021215.jpg


「海かぁ!! ひろいねぇ・・ あ、貝みっけ」
f0017238_0320100.jpg


広い砂丘に二人の小さな影が ほっこりする風景をつくってくれました
by daydreamerMS | 2008-10-29 00:05 | 旅行記

ポートレート@鳥取砂丘

ついに到着!
f0017238_1381280.jpg


鳥取砂丘のメインの入り口ではなく、あまり知られていない西口から入る
誰もいない静かな砂丘を独り占め
f0017238_1394610.jpg


横に16Km 奥行き2Kmの予想以上に広い砂丘
f0017238_1435620.jpg


ほんとうは砂にゴロゴロしてみたい・・という衝動をおさえつつ
その風景をゆっくりと堪能しよう・・
f0017238_1453795.jpg


念願のこの場所に来た証を残しながら
f0017238_1444894.jpg
 
==
鳥取砂丘では たくさん撮ったので 何回かテーマに分けて掲載します~
by daydreamerMS | 2008-10-26 01:47 | 旅行記

植田美術館 大山の麓に凛と・・ 

米子から大山行きのバスに乗る 一日2本しかないバス 乗客は3人
富士山のようなきれいな裾野をもつ大山(ダイセン)
f0017238_1264357.jpg


その美術館はひっそりと凛とただずんでいた
f0017238_1274658.jpg


f0017238_128214.jpg


中にはいると・・・
f0017238_130748.jpg


おもわず声が出る 「ふぉぉ・・・」 
f0017238_1312048.jpg


植田正治の写真は写真集でも見れる・・
でも、この風景 植田正治が愛したこの空間はここにしかない
f0017238_1333073.jpg


植田正治にみえていた世界を少しだけのぞかせてもらったような気がした。

==
米子にもどり、イタモンメ・・ではなく一反木綿のキーフォルダと妖怪汁をこちらでGET
f0017238_1355015.jpg


そして・・名物のサバ寿司とビールをいただきながら 鳥取砂丘へ
f0017238_1374327.jpg

by daydreamerMS | 2008-10-24 01:39 | 旅行記

松江・天使の梯子

松江に到着したのは 長い影ができはじめた16時ごろ
f0017238_02085.jpg


ドラマティックな雲がしんじ湖にたくさんの光柱を作り出す
f0017238_035671.jpg


言葉はイラナイ
f0017238_042134.jpg


刻々とかわるその光を心に刻む 無心でシャッターをきりながら
f0017238_094314.jpg


・・・

翌朝 光はまた天使の梯子で登ってきてくれた
f0017238_0114775.jpg


さて、今日はあの山のふもと 念願の植田美術館へ
by daydreamerMS | 2008-10-19 00:20 | 旅行記

出雲~松江へ

出雲大社は大注連縄で有名だけど・・・ 実は、これは本殿ではないことを行くまで知らなかった・・ 
f0017238_2341106.jpg


たしかに大きかったけど、やっぱり本殿の静かで質素だけど気品ある佇まいの方が素敵
f0017238_2342581.jpg


やっぱり出雲に来たからには・・・ これですよね。 出雲そば
f0017238_2344944.jpg

これが一人前です(笑) 

旅の初日は出雲から松江へ移動。 かねてよりのってみたかったワンマン電車 一畑電車
f0017238_23455890.jpg


出雲大社駅は小さなかわいい駅。 レトロなステンドグラスが静かな駅構内を照らしてくれます
f0017238_23464753.jpg


2両しかない電車。 当然先頭に乗り込む。
彼岸花に囲まれた単線をゆっくりとことこ松江に向かう
f0017238_23482741.jpg

by daydreamerMS | 2008-10-13 23:49 | 旅行記