<   2010年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

美月観月

旅の最後は・・ 物語の舞台へ

f0017238_2221.jpg


日が暮れてくると 屋根の上の鳥が うごきだしそう
f0017238_22199.jpg


千の灯りが 映画の世界に 導いてくれた
f0017238_22351.jpg


そして、 もう一つの物語 坂の上の・・・城
f0017238_22516.jpg


この日は 観月の会 夜のお城公開は あえて電気をともさず 暗い中を探検
天守閣からの 観月
f0017238_22569.jpg


つきあかり ひかるすすきに あきめくよる
==
撮影地:愛媛 松山
by daydreamerMS | 2010-10-24 02:10 | 旅行記

蛇行と転石

最後の清流といわれる 四万十川
f0017238_1252715.jpg


ゆるやかな蛇行をみながら ひさしぶりに思い出した疑問
「なぜ川は蛇行するのか?」
小学生のときの理科で習ったなぁ~ たしか外側のほうが流れが速くて・・ ・・
で、 それだから なぜ 蛇行するのか?? 思い出せない

f0017238_1252952.jpg


思い出せないなら・・考えてみようなんてことをしながら
ゆっくり進むワンマン列車の時間を楽しんだ

自分の中で答えが思いついた頃 江川崎に到着 
※答えのわからない方は、Google先生に聞いてみよう!

レンタサイクルで 四万十川らしい風景を目指す
f0017238_1253054.jpg


岩間沈下橋 道幅ぎりぎりの大きなワゴン車も けっこうなスピードで通っていく
f0017238_12524100.jpg


私は 自転車をのったまま渡ることさえ 恐いのに(笑)
f0017238_1252819.jpg


四万十川は 近くで見ると 思っていたほど 水が澄んでいるように見えなかった・・
ちょっと残念に思いながら 民宿の店主とそんな話をしたら

「今年は大雨が少ないから・・」 とのこと。 ??

年に何回か 大雨が降って 川底の石が転がることで 綺麗な川面は保たれる

なるほど 。

f0017238_1253026.jpg


翌日 江川崎から松山に向かう ワンマン列車の中 転がる石について考えた。

水だけじゃなく 川底の石も動かないと 清流は保てない

変わらないために変わりつづける  

どっかのビジネス本に書いてあった言葉が なんとなく腹に落ちた

ワンマン列車は 思考する場に 向いている

==
撮影地:四国 高知

by daydreamerMS | 2010-10-11 01:55 | 旅行記

芸術の秋 空の名前の講演会

四国旅行記の途中ですが・・ 今週末からの三連休 
芸術の秋を楽しむイベントととしておすすめの講演会があるのでお知らせします~

箱根ポーラ美術館:自然と美術の共生をテーマとしたおしゃれな美術館です。
ちょうどアンリ・ルソーの「パリの空の下で」というテーマの企画展示ががあります。
たくさんの空を描いたルソーにちなんで 「空の名前」で著名な高橋健司先生の
講演会が企画されています。
http://www.polamuseum.or.jp/exhibition/01.html

日時:10月10日(日) 14:00-15:30

高橋先生のたくさんの空の写真を見ながら、気象や季節の”へぇ~”なお話がたくさん聞けるそうです。

3連休 芸術の秋にちなんで、ついでに温泉も楽しみながら 心も体もリフレッシュしましょう~

◆東京の空 彩雲
f0017238_110875.jpg


◆パリの空 ・・・さて、何雲?
f0017238_1255922.jpg

by daydreamerMS | 2010-10-07 01:27 | 写真WORKS

楽しい電旅

ごめん なはり
f0017238_0372265.jpg


なんともやわらかい響きの ローカル線
高知出身の やなせたかし先生デザインのかわいいキャラクタが楽しい ごめんなはり線
f0017238_0372060.jpg


■奈半利 ~◇後免 ~◇窪川~◇若井~■江川崎  4時間の電車の旅

窪川からはアンパンマン電車 車内アナウンスもアンパンマン
f0017238_0372184.jpg


窪川からは四万十川沿いに走る
f0017238_0371669.jpg


2両のワンマン電車 のんびり とことこ 1時間 
f0017238_0371948.jpg


二日目の宿は 江川崎 四万十川沿いの民宿

==
撮影地:四国 高知 江川崎
by daydreamerMS | 2010-10-01 00:50 | 旅行記