<   2010年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

暮 明

海洋深層水のプールにつかりながら 穏やかに暮れていく空を眺める至福のとき
f0017238_155439.jpg


心と体をリラックス 波の音を聞きながら 日の出の20分前にタイマーをセットして ぐっすり快眠・・・

はっと 目が覚めた もうすでに空気が暖かくなりつつあった
f0017238_155580.jpg


まにあった! 薄雲が フィルターとなって くっきりと太陽の形を見せてくれた
f0017238_155677.jpg


じわっと 気温があがっていく
f0017238_155625.jpg


白いホテルがオレンジ色に染まる
f0017238_155767.jpg


今日も暑くなりそう・・・
f0017238_155852.jpg


==
撮影地:高知 室戸 ウトコディープシーテラピー
by daydreamerMS | 2010-09-25 02:11 | 旅行記

空 海

飛行機の席は 東京から西に向かうときは できるだけ進行方向右側を予約する

1時間半の短いフライトはあっという間  夏富士が良く見えた
f0017238_210126.jpg


龍馬伝でにぎわう高知駅周辺をスルーして、桂浜にも寄らず、高知県の東側にある室戸岬へ

1200年以上も昔 佐伯 眞魚という若者が この場所で修行をした
その若者はその洞窟で修行している際に 口に明星が飛び込んできて 悟りを開いた らしい
当時のこの辺りは海岸線が今よりも上にあり、洞窟の中で彼が目にしていたのは空と海だけだった という
後に その若者は 高名な僧侶となり ことわざにも登場する

 空海 である

洞窟の中に入って 空海が見た 空と海を想像した
ふと 洞窟の入り口からの視線に気がつく
f0017238_2101293.jpg


導かれるように 後を追った
f0017238_2101574.jpg


気がつくと、そこには空と海が広がっていた
f0017238_2101543.jpg


旅の始まりは パワースポットで 心から癒していく
==
撮影地:四国 高知 室戸

3泊4日の高知の室戸~四万十~松山 アンパン電車の旅
by daydreamerMS | 2010-09-22 02:42 | 旅行記

巡る水

蒸散・・
植物が根から吸い上げた水分を 水分調整や温度調整の為に葉から水(水蒸気)を放出する現象
f0017238_23552945.jpg


まだ気温の低い早朝 蒸発しきれない水分は 朝露となって現れる

空気中に放出された水分は  雫となって 光のアートをつくる
f0017238_23553399.jpg


見えないぐらいの細い糸にも 水蒸気となって消えてしまう前に 最後の輝きを放つ
f0017238_23553212.jpg


目には見えないけど その水分を感じる朝の空気が 
空や土や木にまた吸収されて 美しい水となって またその姿を現す
f0017238_23553448.jpg


その水は 大きな鏡となって 透明な空と輝く太陽を映す
f0017238_2355352.jpg


太陽は その水を また空に運び 雨や霧となって 高原の木や植物を潤す
f0017238_2355353.jpg


水が巡る だからこんなに気持ちいいんだ・・
==
撮影地:長野 上高地

初めての 念願の 上高地でした。 
(え!行ってことなかったの!?行ってそうなのに・・って驚かれる:^^)

今回は大正池~河童橋~明神池~河童橋 約12キロを 写真を撮りながら
のんびり歩いてきました。

朝の8時ぐらいまでで、あまりの朝露の美しさに 撮影的にはお腹一杯な
感じだったので、お昼過ぎは 温泉入って、のんびり茶店でビール♪

足はやっぱり疲れたけど、心も体もリフレッシュできた休日でした。
by daydreamerMS | 2010-09-16 00:31 | 旅行記

神降地

仕事を急いで切り上げて 23時発の夜行バスにぎりぎり乗り込む

狭い車中を うとうとしながら 6時間

期待通りの 白い霧に どきどきしながら 小走りで その場所に向かう

f0017238_21131821.jpg


夜行バスの疲れも 寝不足も いろんなことも 

白い霧にかき消されて 朝陽とともに浄化されていく・・

f0017238_21132271.jpg


陽がさしてくると 空気の温度が変わり 霧が動き出す

f0017238_2113257.jpg


静止していた水面が ざわざわ  反射していた山影がにじむ
f0017238_21132751.jpg


カミ・・じゃなくて カモが降り立ち 波紋が静かに広がっていった 

f0017238_21133145.jpg


そんな 一日の始まり・・

ここは 本当に神が降りてきそうな場所
==
撮影地:長野 上高地

どんだけ写真で見ていても どんだけベタな場所だとしても 良いものは良い

百聞は一見にしかず  その光と空気は行かなきゃ感じられない
by daydreamerMS | 2010-09-12 21:43 | 写真WORKS

透ける スケル

昼下がりのカフェ 
f0017238_2335163.jpg


まだまだ強い陽射しを 幾何学模様が涼しく魅せてくれる
f0017238_23356100.jpg


外に出て、空を見上げると たかいたかい上空には 秋が近づいていた
f0017238_23353190.jpg


その空に近づきたくて 地上54階にあがってみると・・

f0017238_2351540.jpg


夕陽に透ける 現代と太古のスケルトン
f0017238_23363824.jpg


==
撮影地:東京 六本木
by daydreamerMS | 2010-09-09 00:01 | 写真WORKS

天空の・・・

DINOSAURS 

六本木の空を歩く
f0017238_01623.jpg


東京タワーに吠える
f0017238_012076.jpg


毎年楽しみにしていた天空の水族館に代わり、今年は天空の恐竜展

六本木の夜景をつかった展示がかっこいい
f0017238_02523.jpg


最古の恐竜から巨大化の謎、絶滅の謎などを 子供にもわかりやすく 展示している
f0017238_02730.jpg


個人的にはリアルな模型より 骨骨模型のほうが好き
f0017238_09345.jpg


夜景をバックにしたホネホネ模型 からスタートしましたが
時間を逆回しにして 夕景 ・・ 15時の空 ・・ 昼下がり・・と
六本木お散歩写真をお届けする予定です♪
==
撮影地:東京 六本木

地球最後の恐竜展

地球が誕生してから現代までの46億年を1年にたとえると
恐竜の時代は12月13日~12月26日、つまり約2週間ほどで、
人類は12月31日の午後11時37分頃からの約20分くらいの長さでしかないらしい。

人類の時代がどこまで続くのかは 自らの振る舞い次第
この夏の異常気象も 人類が自ら導いてしまったものなのかも
by daydreamerMS | 2010-09-04 00:37 | 写真WORKS