<   2008年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

緑遊

生まれたての緑は 光と遊ぶ

f0017238_019595.jpg


生まれたての緑は 仲間と遊ぶ

f0017238_0221112.jpg



レンズを通してみえる景色は、淡いうまれたての緑と光にあふれていました。

==
撮影地:東京 目黒 自然教育園

庭園美術館の隣にある公園ですが、かなり穴場。。
桜もたくさんあるし、春は野草がたくさんみられるのですが、いついっても
たいてい空いています(笑)
古い大きな森もあり、首都高の音さえなければ東京とは思えない場所です。
by daydreamerMS | 2008-04-28 00:30 | 写真WORKS

輝緑

雨上がりの薄曇の空

f0017238_0483950.jpg


やわらかい生まれたてのような苔に覆われた石仏が淡く輝く

f0017238_0503920.jpg


しっとりとした竹林を抜けると・・

f0017238_052639.jpg


眩しい緑  

==
撮影地:鎌倉 報国寺

あいにくのお天気だったけど、不思議なほど新緑が鮮やかに見えた。

さんさんと輝く光があたらなくても、自分自身が発する輝きが眩しい。

それって すごいことだね。
by daydreamerMS | 2008-04-19 00:58 | 写真WORKS

幽玄・・

藍色の空の中 幽玄の世界が浮かび上がる
f0017238_144440.jpg


1186年4月8日 悲しみの中 舞をつづけた一人の女性
有名なこの歌は悲しみと愛に満ちている

~ 吉野山 嶺の白雪 ふみわけて  入りにし人の 跡ぞ恋しき
 しづやしづ しづのをだまき 繰り返し  むかしを今に なすよしもがな~


f0017238_1474451.jpg


静の舞 
f0017238_149174.jpg
 

初春の宵の凛とした空気の中 時が止まったかのような舞殿から目が離せなかった
f0017238_1521038.jpg


==
撮影地:神奈川 鎌倉

4月13日からはじまった鎌倉祭。
毎年日中に行われていた「静の舞」が今年は初めて宵に行われたらしい。
ほんとに・・素晴らしかったぁ~ 
藍色の空・・ 朱色の舞殿・・ 鼓と歌・・ そして優美な舞・・
すべてが一体となって、まさに”幽玄”・・・ 
日本の美って素晴らしい!
by daydreamerMS | 2008-04-15 02:01 | 写真WORKS

逆さ富士の不思議

まだ桜もつぼみも固い 早春の河口湖
f0017238_0291445.jpg


6ヶ月の甥とモモもつれての家族旅行 雪の富士山を前に モモも大満足
f0017238_0315466.jpg


東京は桜が満開だったけど 河口湖はまだ春は遠い
f0017238_0324427.jpg


産屋崎にある 母お気に入りの うぶや旅館  
くれゆく空と富士山を見ながらのお食事は最高 一品一品がどれも丁寧でおいしい!
f0017238_0345158.jpg


そして 明け方 6時 期待を込めて 窓にかけよる 見えたッ
f0017238_0363346.jpg


写真をとっていると、みるみるうちに小波によってかき消されていく・・・ 

==
撮影地: 河口湖

逆さ富士は一瞬だったけど見ることができました。

朝食での家族会議:

「なんで逆さ富士って朝しかみれないのかね?」

 「波がでちゃうからじゃない?」

「なんで、朝は波がないの?」

 「・・・・ 魚も夜は寝てて、朝になると起きて動き出すからじゃない?」

「魚って 寝るの? 寝るときってうごかないの? 魚が動いて波ってできるの?」

 「・・・・・」


心の中で きっと違うと思いながらも、 これ以上 論理的な展開も見つからず なんとなく
 
 「そういうことかねぇ~ ・・・」

と家族会議終了。

一週間後、元気象庁職員の師匠に聞いてみた。 とてもシンプルに、そして納得のいく説明をしてくれた。

「太陽が出て、気温があがるからだよ」 

  「?? なんで 気温が上がると 風が吹く?」

「気温が上がると、空気が上昇して、そこに空気が流れ込む。 だから 風が吹く」

  「なるほどぉぉぉ! 
  だから明け方は湖の湖面は鏡のようなのに、日が昇るとともに小波がでてくるのかぁ・・・」


よくよく聞けば、すごく基本的な自然科学の現象。。

ちなみに、うちの家族は理系ぞろいです(爆)
by daydreamerMS | 2008-04-07 01:00 | 写真WORKS