家族の写真

写真を5,6年続けているけど、何かに応募するとかあんまり興味がなかった。。

でも、なぜか今年の秋は少しチャレンジしてみようという気になったのだ。
(なんでそんな気分になったのかはそのときはよくわからなかったけど、たぶんこの秋に受けていたあるスクールでの講義や出会いがそうさせたのかもしれないと今になって思ったりもする・・・)

とはいっても、普通のフォトコンテストにはあまり魅力を感じなかったので、
その意図に共感できた二つの企画物に応募してみた。

f0017238_054978.jpg
一つは、社内での環境フォト川柳という企画。 
環境問題に関する川柳というのがメインなのだが、今年から写真とセットでの応募があり、自分がこれまでにとった写真と川柳を応募した。選ばれると会社のカレンダーとして使われるというもの。社内なので応募数は300件ほどだが、その中でフォト川柳としては6作品が選ばれ、その中に私の作品も含まれていた。

f0017238_0542793.jpg

応募した川柳は、祖父の家を解体するにあたり掃除している際に見つけた新聞紙を題材にしたもの。古い土壁に、新聞紙が壁紙代わりに使われていた。大正3年の新聞紙が100年近く経ったその時まできちんとその役割を果たしていた。これも立派なリユースではないかと。。

築150年ほどたってかなり老朽化していた祖父の家はすでに解体されあとかたもない。。
でも、その年にこういった形で残すことができてよかった。

実は、もう一つの形でこの家の思い出を残す方法を思いつき実行した。
これは次回に・・

==
そして、もう一つは・・・ エキサイトブログでの企画。
http://ushirosugata.excite.co.jp/

100人の後ろ姿の写真でプロモーションビデオを作ろう!というもの。

もともと自分が人物を撮るときに、気がつくと後ろ姿が多くなっていた。
そのうち後ろ姿ばかりのPhotobackでも作ろうかなぁと思っていたときに、エキサイトのこの企画が目にとまった。 これも呼ばれたのかぁと勝手に思い(笑)、応募してみた。

応募総数は3500枚ほどあったようで、その中の100枚に選ばれた。
応募した写真は、家族の写真でとても大好きなものだったので、すごくうれしかった。

↓がPV。 私の写真は 後半の3分50秒ぐらいのところで使われていた。 
妹二人にはさまれて、甥の”僕”とモモと長いシルエットをつれて歩いている写真。家族のお散歩。。


 歌は片思いの歌。こういう家族の後ろ姿をみて幸せを感じる私は片思いのように無償の愛を家族に感じているのかも・・

==
12月はこの二つの家族の写真が多くの人の目に触れることになり、自分にとってのちょっとしたクリスマスプレゼントをもらったようなうれしい気分になりました♪
そして、このチャレンジをしようという気分にさせてくれた出会いにも感謝。
by daydreamerMS | 2008-12-15 01:18 | 家族
<< つなげてく 紅葉光 >>