砂丘の夕暮れ

空に大きな雲の旗がゆれていた
f0017238_103691.jpg


圧倒的な迫力で 刻々とその表情を変えていく
f0017238_121375.jpg


一瞬空が暗くなった後 突然目の前に光があふれた
f0017238_141617.jpg


その光は西の空の彼方へ わずか5分の光 この一瞬に出会えたことに感謝
f0017238_163199.jpg


==
気がつけば、真っ暗な砂丘に一人・・・ 遠くにホテルの光が見えた
ちょっと心細くなりながらも 自分の方向感覚には自信があった。
鼻歌を歌いながらホテルに戻ると・・・
入り口のところでホテルの人が出てきて待っていた。

?? 

「あ~ よかったぁ・・ 暗くなっても戻っていらっしゃらないので心配で・・
 携帯にもお電話したのですけど・・」

?? なぜに、こんなに心配される??

ホテルの宿泊客は私一人だった。 
シーズンオフの山陰鳥取 年頃の女性が一人旅。。
鳥取砂丘に出かけて4時間も帰ってこない。。
これは・・・ ってことかしら(笑)

周りに心配かけないように行動しないとね。。とちょっと反省。

と思いながらも一人旅の気ままさも捨てがたい。。と
砂丘の向こうの海のいさり火を眺めながら考える三十路女なのでした。
by daydreamerMS | 2008-11-01 01:17 | 旅行記
<< 砂丘の名前 パパと・・ >>