神様の住む島 バリ

これまで旅行はいろいろしていたけど、実はリゾートっぽいところはあまり行ったことがなかった。なぜバリに行こうと思ったのかは忘れてしまったけど、ちょうど同じ年にバリのディスコ爆発のテロがあったり、旅行に出発する日がアメリカがイラクに攻撃開始をする日だったりして、両親から猛反発を受けた中で強行突破して行ってしまったということは良く覚えたりする(^^;;) 

■バリではほとんどを山の中のウブドという街ですごした。泊まったホテルは、日本人は一人もいなくて、ほんとにのびのびすごすことができた。 部屋にはテレビなどの電気製品はおいてなくて、聞こえるのは風と木と鳥の声。。。 毎日、暑い昼間はホテルのプールで過ごし、本を読んだり、うとうとしたり、泳いだりして過ごす。夜日が暮れると、街に出て食事をし、伝統踊りを見て楽しむ。そして、ライステラスのさざめきと蛍の光。。ほんとに非現実的な日々に飽きることなく楽しんでいる自分にびっくりした。 こういう旅行もいいなぁと思うのは、仕事に疲れていることなのかなぁと複雑な気持ちにもなったりして。。 とにかく、この時期の私は確実にバリに癒されて、このリゾート旅行を楽しんだのでした。 

■バリといえばライステラス。 水田もやしの木といっしょにみると南国風
f0017238_1195063.jpg

■ポートレート
f0017238_1202887.jpg

■そして伝統の光に浮かび上がる
f0017238_1205415.jpg

■ホテルのプールは最高でした
f0017238_1211424.jpg


■最後の一日だけ海の近くのホテルに泊まった。まさに海が目の前で、すばらしい夕日が見られるのを期待して。。 夕焼けをみるために、1時間ぐらいずっと太陽が沈むのをみていた。
f0017238_1234684.jpg

思ったほど色づかなかったので、沈んだ直後部屋に戻りふと空を見ると・・・



バリの夕焼けはピンク・・
f0017238_1242182.jpg

by daydreamerMS | 2006-01-16 01:28 | 旅行記
<< 雪星夢 早春花三種 >>