祈仏

仏様のお顔 たくさん
f0017238_23362140.jpg


やさしい微笑に 灼熱の陽射しも 穏やかな光に見える
f0017238_23362555.jpg


沢山の仏様の顔をみて 地元につたわる十三念仏を思い出した

ふどう しゃか・もんじゅ・ふうげん・じいぞう・みいろく・やぁくし・かんのん
せいし・あーみだ・あーしゅく だいにち・こーくぞう なむじゅうさんぶつ なむあみだ

f0017238_23362819.jpg


美しい睡蓮の咲く 天国への誘い歌 

不動 釈迦・文殊 普賢・地蔵・弥勒・薬師・観音・勢至・阿弥陀・阿閦・大日・虚空蔵
南無十三佛 南無阿弥陀
==
撮影地:カンボジア アンコールトム

なんでその人がこんなめにあわなきゃいけないんだろう・・って 思うとき
神様がいるならなんでこんなことするんだろう・・って 思うとき
その悲しみを だれにもぶつけられない どうにもならない とき

ほんとうに悲しいとき こんな無神論者の現実主義の私でも 祈りたくなるものですね・・・ 

旅から戻って数日後におきた 信じたくない悲しい出来事
旅のときに思い出した 念仏を 今は心から唱えたい

どうしようもない悲しみは 忘れるとか乗り越えるとかじゃなくて 受けとめるという感覚に近い。 
その上で自分がどう生きていくのかを一生懸命考える それが自分に出来ることなんだって 思う。





※十三仏について※
十三仏は初七日から三十三回忌までの合わせて十三回の法要の守護仏。十三の仏様に守られて極楽浄土に導かれ成仏するとされています。十三仏は、初七日 不動明王(ふどうみょうおう)、二七日 釈迦如来(しゃかにょらい)、三七日 文殊菩薩(もんじゅぼさつ)、四七日 普賢菩薩(ふげんぼさつ)、五七日 地蔵菩薩(じぞうぼさつ)、六七日 弥勒菩薩(みろくぼさつ)、七七日 薬師如来(やくしにょらい)、百カ日 観音菩薩(かんのんぼさつ)、一周忌 勢至菩薩(せいしぼさつ)、三回忌 阿弥陀如来(あみだにょらい)、七回忌 阿閃如来(あしゅくにょらい)、十三回忌 大日如来(だいにちにょらい)、三十三回忌 虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)。
私の実家のある埼玉の田舎では、仏教の宗派に関係なく、お葬式の最後に隣組の人達だけで集まってこの十三念仏を唱える風習があります。 この音の響きがなんとなく好きで、この念仏をよく覚えてしまっています・・
by daydreamerMS | 2011-02-14 00:19 | 旅行記
<< 桜雫 影絵 >>