蛇行と転石

最後の清流といわれる 四万十川
f0017238_1252715.jpg


ゆるやかな蛇行をみながら ひさしぶりに思い出した疑問
「なぜ川は蛇行するのか?」
小学生のときの理科で習ったなぁ~ たしか外側のほうが流れが速くて・・ ・・
で、 それだから なぜ 蛇行するのか?? 思い出せない

f0017238_1252952.jpg


思い出せないなら・・考えてみようなんてことをしながら
ゆっくり進むワンマン列車の時間を楽しんだ

自分の中で答えが思いついた頃 江川崎に到着 
※答えのわからない方は、Google先生に聞いてみよう!

レンタサイクルで 四万十川らしい風景を目指す
f0017238_1253054.jpg


岩間沈下橋 道幅ぎりぎりの大きなワゴン車も けっこうなスピードで通っていく
f0017238_12524100.jpg


私は 自転車をのったまま渡ることさえ 恐いのに(笑)
f0017238_1252819.jpg


四万十川は 近くで見ると 思っていたほど 水が澄んでいるように見えなかった・・
ちょっと残念に思いながら 民宿の店主とそんな話をしたら

「今年は大雨が少ないから・・」 とのこと。 ??

年に何回か 大雨が降って 川底の石が転がることで 綺麗な川面は保たれる

なるほど 。

f0017238_1253026.jpg


翌日 江川崎から松山に向かう ワンマン列車の中 転がる石について考えた。

水だけじゃなく 川底の石も動かないと 清流は保てない

変わらないために変わりつづける  

どっかのビジネス本に書いてあった言葉が なんとなく腹に落ちた

ワンマン列車は 思考する場に 向いている

==
撮影地:四国 高知

by daydreamerMS | 2010-10-11 01:55 | 旅行記
<< 美月観月 芸術の秋 空の名前の講演会 >>