空 海

飛行機の席は 東京から西に向かうときは できるだけ進行方向右側を予約する

1時間半の短いフライトはあっという間  夏富士が良く見えた
f0017238_210126.jpg


龍馬伝でにぎわう高知駅周辺をスルーして、桂浜にも寄らず、高知県の東側にある室戸岬へ

1200年以上も昔 佐伯 眞魚という若者が この場所で修行をした
その若者はその洞窟で修行している際に 口に明星が飛び込んできて 悟りを開いた らしい
当時のこの辺りは海岸線が今よりも上にあり、洞窟の中で彼が目にしていたのは空と海だけだった という
後に その若者は 高名な僧侶となり ことわざにも登場する

 空海 である

洞窟の中に入って 空海が見た 空と海を想像した
ふと 洞窟の入り口からの視線に気がつく
f0017238_2101293.jpg


導かれるように 後を追った
f0017238_2101574.jpg


気がつくと、そこには空と海が広がっていた
f0017238_2101543.jpg


旅の始まりは パワースポットで 心から癒していく
==
撮影地:四国 高知 室戸

3泊4日の高知の室戸~四万十~松山 アンパン電車の旅
by daydreamerMS | 2010-09-22 02:42 | 旅行記
<< 暮 明 巡る水 >>