沈まぬ太陽・・というよりは暮れない夜 ・・そしてMidnight Rainbow

「ラップランドの夏は太陽が西から北にいって 地平線をポンってかすって 東に向かうんだよ・・」

今回のフィンランド旅行を決めたのは この一言だったかもしれない。

どうやって白夜を楽しむか・・・ 
いろいろネットで探して迷って決めたのはMIDNIGHT SUN RIVER RAFTING
 「The nature is so silent ・・・」 なんて魅力的♪ 白夜を見ながら優雅に川下りだわ~ 

当日旅行代理店に行ってみると、 まず大きくて丈夫な上下の合羽を着させられ、大きな長靴・・・そしてヘルメットにベスト・・ おや??? 優雅に川下りのはずが・・・ 

”Rafting”・・・ この言葉の意味をちゃんと捉えていなかった・・・(笑) 
f0017238_1271534.jpg


そう、ラフティングです。 漕ぎ手は私達二人と ガイドさん一人・・・ 
若干不安になりながらも そして途中途中 波にもまれながら 腕の疲れとも戦いながらも
こんな風景に出会えたら つかれはどこかにいってしまう 
f0017238_1341418.jpg


1時間ぐらい進んだ後 静かな岸辺に上陸
f0017238_1352616.jpg


ここで薪を割り 火を焚いて 大きなソーセージとライ麦のパン 暖かい紅茶を入れる
真夜中のピクニック♪  この時点で 時間は23時15分ごろ ほんとに暮れない・・
f0017238_1371054.jpg


天気予報は曇り時々雨 空には雲も多く 残念ながら太陽そのものは見えなかった

でも そこはやっぱり晴女パワー・・・ 

f0017238_1411389.jpg


かすかに でも たしかに 虹  Midnight rainbow 

がんばった私達に 白夜の太陽がくれた 贈り物♪

==
ラップランドでサンタと白夜を堪能した後、旅は一気に南へ
移動手段も旅の楽しみ
f0017238_147261.jpg


そう、寝台車♪ 
最新式の二階建ての寝台車は、ロバニエミ-ヘルシンキを約10時間かけて進む
白夜の夏は 車窓の変化がずーっと楽しめる
f0017238_150633.jpg


やっぱり 食堂車ははずせない 
f0017238_1492277.jpg

次の目的地へ心を馳せながら ゆっくり電車の時間を楽しむ
これぞ旅の醍醐味
by daydreamerMS | 2010-07-15 01:52 | 旅行記
<< 魔女っ子メグの街!? サインは... オフィシャルサンタクロースの街 >>