金鉱と映画館の跡に・・

昔 金の採掘で栄えた 九份 
山肌に沿うように立つ ノスタルジックな坂の街
f0017238_01839100.jpg


眺めの良い茶芸館 これだけで満足 安いランチで満足
f0017238_0202238.jpg


観光客で賑わう みやげ物やの並ぶメインの通りの裏通り
不思議にゆがんで 立体感のない家並を眺めながら ぶらぶらと
f0017238_0224563.jpg


ふと見上げると気になる外壁
f0017238_025377.jpg


屋根のない 大きな建物 何だろうと思いながら正面に回ると・・
f0017238_0264161.jpg


閉ざされた門から 中を覗いてみる
f0017238_0283292.jpg


これは、もしかして 映画館?? と思って横を見ると 説明書が・・読めん
f0017238_0291199.jpg


ガイドブックには何も書いてなかったけど、ツアーできていた日本人ガイドの
説明を盗み聞いていたら どうやら台湾ではじめての映画館の跡らしい。

台湾で最初に映画を愉しんだ街は、その後 「悲情城市」という有名な台湾映画の
撮影地として有名になり、千と千尋の街のモデルにもなったという。

今回は夕景までまたずに帰ってきてしまったけど、夕暮れと明かりの灯る夜の風情
はきっと素敵だろうなぁ ・・ 
f0017238_0392822.jpg


また台湾に来る理由ができた。 次回は是非この街の民宿に泊まってみたい。
==
撮影地:台湾
by daydreamerMS | 2010-01-16 00:43 | 旅行記
<< 台湾彩光 南の国の北の街 >>