燃える 萌える

都内最後の紅葉は 強い太陽の光で燃えるような色
f0017238_06584.jpg


天地人の中で主君が生き残るために散って行く家臣を もみじの家臣という
表現を使っていましたが、木が冬を越すために、葉は散っていく・・
美しいですが、やはり物悲しい。。

心穏やかに見られるのは 常緑樹
f0017238_093279.jpg


いつも緑を湛えて、おだやかにでも力強い
源氏物語に出てくる花散る里は、いつも変わらぬその穏やかな性質を常緑樹の
橘の木に例えられた。
私は常緑樹をみると、いつもこの話を思い出す。

紅葉は燃える・・ 緑は萌える・・
この漢字の違いは大きいかも。 自分はどう生きたいかなぁ・・
==
撮影地:東京 北の丸公園
by daydreamerMS | 2009-12-27 00:19 | 写真WORKS
<< くれゆく 聖夜特急 >>